■自分育ち未来ラボ流子育て講座とは

自分育ち未来ラボのベビーラーニングは赤ちゃんの成長を脳科学の側面から見て、その子に合わせた働きかけをして赤ちゃんの能力を最大限に引きだすことができるブレイントレーニングメソッドです。

脳が急激に発達する乳幼児期は、知能を決める非常に大切な時期です。脳の発達の特性を知り、子供に見合った刺激を与えて賢い子供を育てましょう。

 

赤ちゃんの脳の発達は1ヶ月が大人の10年に匹敵するともいわれています。確かに、3歳までに成人の80%、6歳までに90%まで成長します。

3歳までにできるだけ多くの刺激を与えることで赤ちゃんの能力を引き出し、伸ばすことができるのです。

 

そしてブレイントレーニングとともに大切なことは、母親と子どもの心の通わせることです。「ベビーラーニング」の講座では赤ちゃんの脳へのアプローチの方法のみならず、効果的な愛情の伝え方、言葉のかけ方を知ることで、母子一体感を実感していくことのできる子育てです。子どもは母親との一体感を感じることで、自己肯定感が高まり能力を発揮することができます。

 

 

■子育て応援と子育てを学ぶ場を提供

最近の研究で、女性は出産をすると脳が進化するということがわかってきました。「母親脳」は「記憶力」「学習能力」が備わるというのです。また、母親になると今までは自分のこと自分に関わることだけに興味が偏りがちだったのが、子どもを持つことによって、子どもに関連することにも強く関心を抱くようになります。そういった意味で、積極性も出てくるということがわかってきました。

 

 一般社団法人自分育ち未来ラボでは、子育て中の母親が子ども一緒に学べる場の紹介をすることで、母親が社会とつながることができ、知識を深めることができる場を作っていきます。また、ラボのオリジナル講座を提供し母親が子育てをしながら仕事をして、それを通して社会とつながる仕組みを作っていきます。

■自分育ち未来ラボではママの独立を支援

自分育ち未来ラボのプレナタルラーニング講座、ベビーラーニング講座、ともにインストラクターの試験に合格すれば、自宅で【ベビーファーストレッスン】や、【プレナタルファーストレッスン】を開講して「おうち先生」として活躍することができます。

 

 さらに認定講師になれば、その「おうち先生」を育てる人になることもできます。

自分の妊娠出産の経験と、子育ての経験とスキルを活かして、新米ママに出産や育児方法を伝える人となって活躍することができます。

■講座の様子を動画で御覧ください



講座のご案内

お腹の赤ちゃんと対話することで、家族の絆を深め、安心して出産に臨めるメソッドです。

具体的にはコミュニケーションを5つの観点から行い、母親と胎児の心の絆を深め、家族みんなで赤ちゃんを迎える心の準備を促します。 

胎児は受精卵が着床してすぐから脳は発達し始めます。このことからお腹の中にいるときからさまざまな働きかけをすることが、産後の育児にも大きく影響してくるということがわかります。

講座の前半は赤ちゃんが生まれるまでの内容、後半からは赤ちゃんが生まれてから必要な知識を学べます。

初めての出産であっても、生まれてすぐの事からわかり、ますます赤ちゃんに会うことが楽しみになってきます。

 

子どもの脳は3歳までの間に急激に成長します。この時期に 様々な刺激を与えることで、脳の神経細胞のつなぎ目である「シナプス」がどんどん発達していきます。シナプスが発達していればいるほど、情報伝達がスムーズになり、俗にいう頭の良い子となるのです。

ベビーラーニングは詰め込み教育ではなく、子どもが本来持っている能力を引き出すために、右脳トレーニングを中心としたブレイントレーニングメソッドです。

潜在意識からアプローチすることで、母親と心の絆を深め、心の安定を促し、学ぶことを楽しむ子どもに育ちます。

巷には幼児教室がありますが、教室に通っても週に一度の働きかけにしかなりません。ですが、子どもに向けては毎日の働きかけが大切なのは言うまでもありません。このトレーニングの重要性を母親が学び、上手に生活に取り入れることで、子どもの能力を最大限に引き出してみませんか?

 


ご自身の経験を生かして、これから子どもを産む新米ママのサポートをしませんか? プレナタルラーニングインストラクター講座では、アドバイザー講座をもっと深く掘り下げた内容に加え、胎児の脳の成長や、現代の出産方法などについて具体的に学びます。 また実際に講師として、人に伝える方法も織り込んでいますので、すぐに役立つ内容になっています。 受講後、検定試験に合格すれば【胎教ファーストレッスン】を開催したり、プレナタルラーニングアドバイザー講座の講師をすることができます。
妊娠中の方に限らず

「自分の経験を仕事にしたい」

「若いママのサポートをしたい」

「子どもの能力の伸ばし方を知りたい」

「今の仕事に加えてスキルアップをしたい」

そんな皆様のご受講をお待ちしています。

 

 

子育てを仕事に。 毎日の子どもへの語りかけや、働きかけをちょっと目線を変えるだけで、お子さんの持つ力を引き出すことができます。 ベビーラーニングインストラクター講座では、アドバイザー講座をもっと深く掘り下げた内容に加え、具体的な月齢別ブレインモーション、イメージアップ、ちえ.もじ.かずについて、また子どもの心へ届く言葉かけの方法、などについて具体的に学びます。

受講後、検定試験に合格すれば【ベビーファーストレッスン】の「おうち先生」として、ベビーラーニングの教室を開くこともできますし、ベビーラーニングアドバイザー講座の講師をすることができます。

「子どもの能力の引き出し方を学びたい」

「子育てに関する仕事をしたい」

「自分の子育ての経験を仕事にしたい」
「今の仕事に加えてスキルアップしたい」

そんな皆様の受講をお待ちしています。

 


この講座は教える人を育てることができる講座です。教室開講のための基礎知識や、講師として人前で話すためのスキルアップ、開業のためのノウハウを織り交ぜた内容となっています。

 

 

認定試験に合格すれば、認定講師としてプレナタル、ベビーともにインストラクターの育成をすることもできます。


代表理事

三谷 千代

25年に渡り大手の幼児右脳教室の主任講師を務める。 2016年に一般社団法人を立ち上げ、家庭でできる幼児の能力開発の方法を体系化し、胎教から始める子どもとの心の通わせ方のメソッドの「おうち先生」とその講師の育成に注力。全国に新しい子育てメソッドを広める。 二児の母親。

理事・本部講師

北島 知賀代

大手ピアノ教室講師として活動し始め20数年、自宅においても0歳からシルバーまでの音楽教室「おとのアトリエON」を主宰する。その中の事業の一環として子供の脳、食に関する事も含めて幅広く活動する傍ら、ピアノ講師の為のコンサル業を行いながら、明るい日本の教育とママ達の育成を目指している三兄弟のシングルマザーです。

理事・本部講師

廣石 みき

『りんご』の愛称で冠婚葬祭の司会者として活動する傍ら、出産を機に、1児の母として子供に寄り添いながら、ママの交流の場を築きたい、そして輝くママの先駆者として沢山のママを笑顔にしたいと、子連れで参加可能の講座やイベントを企画・開催し、新米ママ講師を応援する団体 ママ☆ルンを設立。

 

理事・本部講師

林田 昌子

20年以上の看護師+看護教員の経験をベースに『心と身体の健康サポーター』として活動中。自分の子育て経験からも、子育てと一緒に親の自分育ての大切さを人に伝えたいと思い始め、子育てカウンセラーや子育て支援のNPO活動などをしながら、多くの親子と関わっている。心理相談員。