イメージでしつけをしませんか?

自分育ち未来ラボの、プレナタルラーニングや、ベビーラーニングの講座の中ではイメージを大切にしています。

イメージというのは、潜在意識に深く入っていくものなので、ママのイメージというのはとっても大切です。

 

ご存じのように、右脳はイメージ脳、左脳は言語脳です。
イメージで伝えることは、子どもも右脳でキャッチしてくれます。

右脳は受け入れの脳。肯定の脳です。

そして、右脳は潜在意識と繋がっていますから、子どもの心の奥底に、声が届きます。

 

一方、左脳は言語脳です。拒否とか、否定とか、そんな意識も左脳です。

 

言葉で「そんなところに座ったらダメでしょう!」「テーブルに乗ってはだめです」「ちゃんと座りなさい!」などなど、子どもに大きな声でガミガミ言っても、なかなか心には響かないのです。

その時に、ママの声が大きくて顔が怖いから、おとなしくしておこう。と言うことになるかもしれませんが、潜在意識に入っていかないので、また同じことを繰り返してしまうのです。

しつけをする時に、言葉でガミガミ言うのではなくイメージを使ってみませんか?
イメージで子どもにママの気持ち、なってほしい姿を伝えるのです。

ママのイメージ力が上がればしっかりとイメージ通りになります。

 

「そんなこと言っても実際に、その時言うことを聞かせたい」という時もありますね。

イメージは魔法ではないので、子どもを操るわけではないですから。

そんな時はまたとっておきの方法があります。


その方法は、ベビーラーニングインストラクター講座でお伝えしています。