幼児の時期の教育方法とは

幼児教育というと、知識の詰め込みや、学校教育の先取りを考える方がいらっしゃいます。

小さい頃から知識を詰め込むことを、目的として頑張っていらっしゃる方も見受けられます。

 

けれど、そのようなことを「幼児教育」とは思わないでください。

 

この科学的な知識や、数字や文字の詰め込みだけになると、それこそ与えられたものを覚えるだけで、自分で考えることをしない、指示待ち人間に育ってしまします。

 

 

幼児期の教育とは、子どもの想像力=イメージ力を育てることに注力しましょう。

左脳的な考えで行くと、幼児の科学的な知識で幼児の頭をいっぱいにすることが、天才的な子どもの脳を育てる方法ということになりますが、右脳の能力を開くためには、童話や空想話、昔話をしてあげることです。

日本の昔話、アンデルセンやグリム童話もいいでしょう。

 

イメージ力をつけることで、心の柔軟性と新鮮さ、生き生きとした想像力を育ててあげましょう。

イメージ力をつけることで、自分から考え、学ぶ力が身につき、

他者に心を向けることのできる、コミュニケーション能力までが身につくのです。