子どもの心をつかむママは話し方が違う!

幼児教室の生徒さんのママで、

子どもの心をグッとつかんでるママがいます。

 

子どもの心をつかむとは・・・・


子どもがママのお話をしっかり聞いてくれるのです。

ママが何か言うとちゃんとその子は話を聞きます。

聞く姿勢が付いています。

 

子どもに聞く力がついている。

何が違うのかな~・・

 

考えてみたら

 

例えば、レッスンが終わって教室を出るとき

子どもの準備がなかなかできずに、急いで帰りたいのに帰れない

そんな時

 

☆「早くしなさい!」「帰りの準備、まだできてないの?!」

というママと

☆「帰りに買い物して帰りたいから、早く出られると助かるな」

というママと

 

ママの声掛けに二つのタイプがあります。

 

自分が子どもだとしたら、

やっぱり後者のママの言うことに反応します。

 

もちろん、前者の言葉かけで、子どもは慌てて準備をするのですが、

それは、なんだかママが怒ってるようだ、怒られたくない。

そんな気持ちで行動してるよう。

 

後者の言葉かけだと、

ママの気持ちを考えて、それなら早くしよう

そんな気持ちで行動しているように見えます。

 

もしかしたら、その時の行動は前者の話し方の方が早くなるかもしれませんが、

ママが怖くなくなったとき、この方法は通じませんね。

 

相手の気持ちを考えて、自ら行動するためには、

ママが自分の気持ちを伝える

「わたしメッセージ」を使っていることがベストのような気がします。

 

子育てだけじゃなく、

相手の心をグッとつかむ話し方。

 

意識してみませんか?